それぞれの恋愛論

プラトンの「ベター・ハーフ(よりよい分身こ論、つまり人間は昔、卵のように男女が合体して転がって歩いていた。それで神がこれを二つに分割し、その一方は他方(ベター・ハーフ)を求めつづけているのであるという説にはじまって、古今東西にわたる恋愛論は数かぎりがありません。大多数の文学は、それぞれの恋愛論を展開してきたのです。その上、第二次大戦後のわが国では、一般に価値観の基準がなくなり、たとえば凶悪な犯罪者でも、「盗人の三分の理」を主張して居直ってしまえば、結構「犯罪応援団」が出現して、どちらが加害者か被害者かわからなくなるほどの状況なのですが、そんな中で、たぶん「愛」だけが誰も文句をつけることのできない至上の価値になっているように見えます。「愛」にも人類愛、祖国愛、郷土愛、家族愛、真理への愛、美への愛など、さまざまの範曙があるわけですが、とりわけ一九八○年代以降は、性愛が至上の価値になり、家族愛や親子の愛まで押しのけようとしているように見えます。つまり、「子育て」を拒否する母親さえもが、「女性の自立と性の自由」という大義名分を得ているように見えるのです。それほどありがたい性愛のあり方も急激に変化していますし、今日において愛するとは、恋するとはどういうことかという問題でさえ、価値観の多様化と境界喪失(ボーダーレス)の状況の中で何が何だかわからなくなっているように見えます。仕事もいいけど、人生設計もしっかり考えて、ここで→結婚相談所 比較 素敵な出会いを見つけてください。

EZ040_L

Posted in 結婚 | コメントは受け付けていません。

昔と今の男女の関係

昔も今も「恋のかたち」はさまざまです。人間が恋をするのは、昔も今も変わりませんが、男女の関係は、とりわけこの四半世紀のあいだに、急速に変わってきています。年下の妻が年上の夫に従い、庇護されるという紋切り型の男女関係も変わってきていることは、平成七年に入ってからでも、貴乃花関と河野景子さん、小宮悦子さんと河島正三郎さんのような「年上女房」のカップルが続々誕生して、話題を集めていることでもわかります。もちろん、平安時代の「源氏物語』にも、光源氏と藤壺中宮や六条御息所の関係のように、年上の女にあこがれる男の気持ちは描かれていますが、今日ではそれが一つの社会風俗になりかかっているのです。今日の社会の特徴は、社会や文化の基軸や価値観がはっきりしなくなってきて、黒と白、現実とイメージ、保守と革新、堅気とやくざ、正気と狂気といった境界線(ボーダーライン)が引けなくなり、ボーダーレス化していることでしょう。その中で、男と女という性別役割の間の境界もはっきりしなくなっています。反面、政治や経済の方面では影をひそめていた「革命」が進行しつつあるのがこの領域で、少なくとも一九七○年代から九○年代前半にかけて、女性の権利を主張するフェミニストたちの言論と運動はひときわ「元気印」でした。その中で、性をつつんでいた伝統的なヴェールもはがされるとともに、新しい性のあり方、愛や家族のあり方をめぐって人々は当惑し、手さぐりを続けているように見えます。あなたはここで→出会いがない 社会人 出会った人に対して、自分の理想を演じずに本当の自分をぶっちゃけられますか?

EZ042_L

Posted in 結婚 | コメントは受け付けていません。

離婚という経験

離婚するという経験には多くのストレスを避けることができないでしょう。最初の数ヵ月はとくにそうです。しかし、嫌なことばかりではありません。その経験から益することも多くあります。離婚の後に益するのは、男性よりも女性に多いようです。ただ一つ、経済生活だけは女性にとってマイナスとなります。そこで、離婚を決意した場合には、離婚後の生活を支える手段をしっかりと考えておくことが大切です。夫の善意や、家庭裁判所に依存しない方がよろしいでしょう。これが、まず、最初に考えておかねばならないことです。
結婚前に出会い系 サクラいない で、相性ピッタリの相手を見つければ結婚生活の苦労はもっと減るだろう。
次に大事なことは、信頼できる弁護士によく相談することです。これが最善だというよい弁護士を見つける方法は私にはわかりませんが、一人ではなく、二、三の弁護士にまず、あなたの状況を簡単に説明して、各自の反応や態度を見て、判断するのがよいと思います。女性弁護士が最適であるとは必ずしも言えないでしょう。
さて、夫に告げる問題です。離婚を望んでいることを夫に告げるのは、そんなにむずかしくはないと思います。変わるための試みを夫が全然示さない場合に、あなたが状況を変えるためにこれまで何をしてきたか、これからどうするつもりであるか、といったことを告げればよいのです。それ以上くわしく説明する必要はないでしょう。また、自分のやっていること、これからやることの正当性を弁護したりする必要もありません。あなたが、何を言ったところで、離婚を決意したことであなたを夫は責めるにちがいないのですから。これまで、何カ月もあなたの言うことに耳を傾けなかったのであれば、今になって、あなたに耳を傾けることが考えられるでしょうか。

EZ049_L

Posted in 結婚 | コメントは受け付けていません。

離婚を避けられない状況

離婚の決意を夫に告げるよりも、子供に告げることの方がむずかしいと思います。しかし、子供は、これまでのあなた方のかかわり方を見て、何かおかしいことは分かっているはずですから、大きな衝撃としては受けとらないと思います。もちろん、あらかじめ状況を告げておくという予防策を講じておくことも必要でしょう。たとえば〈最後の試み〉をする時に、「いろいろ問題があるので、なんとか改善するように、努力はしているけれども、どうなるか分からない」などと話しておきましょう。
会話の中からその人の性格や望みなどを見つけられれば、ここ→結婚相談所 選び方 で出会った人は自分にとってどんな人なのか、わかりそうですね。
そして、いよいよ離婚が避けられない状況になった時には、真実を語るべきです。「もう二人は一緒に住めないので離婚するの」といった、最低限の短い言葉で事実を伝えます。しかし、子供に質問されたことには答えます。それも、事実を簡単に。子供の父親を非難するようなことは口にしない方がよろしいでしょう。必要と考えるなら、父親にはいろいろな解決できない問題があることは告げてもよいと思います。
子供に与える離婚の影響を少なくするためには、次のことを心がけておくとよいでしょう。
・環境や状況の変化の過程においての、子供に対する態度やしつけの内容を変えないように心がける。さもないと、ストレスが加わります。
・できるだけ住まいを変えない方がよい。
・住まいを変えなければならない場合でも、近所づき合い、友だち(地域の、学校の)を変えなくてもすむように努力する。少なくとも、学期中であれば、その学期が終わるまで。
・子供は六カ月から九カ月ぐらいの間に親の離婚に順応するといわれている。
・これまでにあった子供自身の問題が拡大する可能性があることを覚悟しておくとよい。
・子供の力の源があなたにあることを忘れず、自分の心身の健康の管理をしっかりやること。
・子供のことで何か問題を感じたら、児童心理学の専門家を訪ね相談することをすすめます。

EZ026_L

Posted in 結婚 | コメントは受け付けていません。

離婚が望ましいと考えるなら

MIX46043

MIX46043

離婚の可能性を考える女性は決して少なくありません。とくに、〈成人〉する前に結婚した女性、幼児を抱えている女性、仕事につきたいという願いがあり、しかも、夫が〈変わらない〉といった女性に多いようです。素敵な結婚相手をで、見つけても結婚後に問題は発生した場合、ここに書いてあるように意外と改善に手間がかかります。気を付けましょう。
離婚の可能性に直面した場合に、離婚に関する正確な情報(手続きのことではありません)を知っておくことが大切です。
たとえば、離婚したばかりの女性は次のような新しい問題に直面することが多いのです。
・離婚した夫との金銭に関する話し合い。
・子供に関する話し合い。
・自分の子供との自分の人生についての話し合い。
・新しい相手とのデイト。
・新しい相手との親密な関係を築くこと。
・憂うつ感からの脱却。
・孤独感の克服。
・生活を支えていくこと。
いくつか知っておいた方がよいことを次に記します。
1、母子家庭になる場合は、法律に関する問題、経済的問題、就職、つき合い、住居、家事などのことで独りでやれないもの、独りでやらないで助けを求めた方がよいものがあります。
他人の助けを借りて対応した方が、問題に直面する可能性が少なくなるでしょう。
2、経済的に不安定な生活、罪責感、自己非難、散慢な注意力、心理的な障害などの問題に、離婚後の数カ月間は悩まされることを覚悟すべきです。
3、性生活における欲求不満は、離婚直後少ないでしょう。やがて多く感ずるようになりますが、それもまた、少なくなるといった変動が見られます。
4、次のような新しい課題に取り組むことが大切です。
・経済的安定度の向上。
・新しい人たちとの出会い。
・親密な関係を作る。
・自分自身についての学習。
・怒りの感情の受容と昇華作業。
・他の離婚経験者との話し合い。
・新しい生活体制の確立。
・自分の住居を快適な場所にする。

Posted in 結婚 | コメントは受け付けていません。

パートナーがどう反応するか観察する

063a_72

063a_72

関係の現状を知る、より進んだ方法は、公共の場での愛情表現にパートナーがどう反応するか観察するものです。友人にパートナーを「私の恋人です」と紹介したときの反応によって、あなたは相手が「恋人」という定義付けを嬉しく思っているかどうか、わかるはずです。
もっと否定的な方法で関係をテストする人もいます。わざとパートナーの前で自分自身をけなし、相手がなだめたり励ましたりしてくれるのを期待するのもそのひとつです。
パートナーが「馬鹿なこと言うなよ・君は最高じゃないか」と言ってくれるのを期待して、「私って、何ひとつまともにできないんだわ」と言ってみたりするのです。わざとしばらく離ればなれになってみる人もいます。離れていることがお互いの気持ちをより高めれば、ふたりの絆は堅いというわけです。
誠実さを試して絆の強さを知ろうとする人もたくさんいます。相手が自分以外のパートナー候補に対してどう振舞うか観察するのです。
良きパートナーを探すなら←こちらから探せます。

☆ふたりの関係がどうなっているのかを知るには?
あなたのパートナーが信頼していたり、パートナーをよく理解している人物に尋ねてみましょう。①公共の場での愛情表現に、パートナーはどう反応しますか?②離れていると、相手を思う気持ちが強まりますか?
人間は生物ですが、同時に複雑な心理を持ち、社会的・文化的な動物です。人間の持っている複雑な心理を解きほぐし、無意識の「性本能(リビドー)」と「死の本能(モルティドー)」にその基盤があることを示したのは、二十世紀前半に活躍した精神分析学の創設者、ジグムント・フロイトです。

Posted in 結婚 | コメントは受け付けていません。

ふたりの関係の現状を知ろうとする

063b_72

063b_72

多くの人々は、持って回ったさまざまな方法で、ふたりの関係の現状を知ろうとします。出会いは例えばここにあります。共通の友人や知り合いに、パートナーが自分のことをどう思っているかたずねるのは、よくやる方法です。もし友人が「あいつ、君と一緒にいるのはすごく楽しいって言ってたよ」とか、「この頃あなたと頻繁に
会いすぎてると思ってるみたい」などと言えば、ふたりの関係がどんな方向に進んでいるのか、ある程度わかるというわけです。

肉体的接触から送られるサインもあります。あなたに触れられたときの相手の反応で、相手がどの程度あなたといることを快適だと感じているか、知ることができます。もし相手が遠ざかれば、それはあなたが相手に対して感じているほど相手はあなたに親しみを感じていないか、そこまで親密になる気持ちになっていないのでしょう。そうした反応から、あなたはパートナーとの関わりを増したいのかそうでないのかを自問できます。

☆男性は性的親密さが相手の中での自分の価値を表しているからとセックスを求め、女性はセックスの代償として長期に渡る安定した関係を求めているというような場合、そこに性的な衝突が生まれます。性的親密さが確立してから衝突が頻繁に起きる場合もありますが、これは単にカップルが自信を持ってオープンに話し合えるようになったためです。
今日たった一つ残った価値とされている愛、それも性愛をめぐって、とりわけ男女関係について、精神医学と、社会生物学と、比較行動学の立場から考えてみようというものです。つまり、「生物学的」な男女関係論です。

Posted in 出会い | コメントは受け付けていません。

カップルの間に衝突

062b_72

062b_72

もし、ふたりの関係が、どの程度うまくいっているか率直に話し合えないとしたら、一体どうすれば、関係が成り立っているかがわかるのでカップルはその関係の段階によって、違った形で衝突に対応します。
交際中のカップルは、問題を話し合い、ふたりの間で何が起こっているのかを理解しようとすることで、常に自分たちの関係の現状を見極める必要があります。彼らは衝突を別れの理由と考えるかも知れないし、自分たちの関係の進み方を再考する理由だと思うかも知れません。
しかしながら、結婚したカップルの間に衝突が起こっても、彼らはいつも話し合ったりはしません。それまでに数々の衝突を経験しているため、ふたりは時々衝突が生まれることを予測していて、それが深刻な問題なのかどうかを判断することができるからです。
過去の経験から、彼らは衝突は災ずしも彼らの関係を脅かすものではないと知っているし、不安を抱かずに言い争うこともできるのです。
衝突する相手がいない方はで、探してみてください。

☆結婚前のセックスは交際の成功や失敗に影響するの?
しません。コミュニケーション能力と、共同で何かを成し遂げていく能力を磨く方が、セックスよりもずっと大切な土台になります。ふたりが交際中にセックスしようとしまいと、続く関係は続き、壊れる関係は壊れてしまいます。
☆カップルはデート期間中にできるだけ衝突しておくべきです。
怒りや後悔抜きに議論する方法を身に付けることは、ふたりの関係を向上させてくれるし、そうして一緒に過ごした時間は決して無駄にはなりません。ただ、問題があまりにも深刻な場合、別れが生じることもあります。

Posted in 出会い | コメントは受け付けていません。

問題や難しい議題はできるだけ早いうちに話し合っておく

062a_72

062a_72

たとえば、彼は、彼女が自分から去ってしまうかもしれないと考えて、自分たちのセックスに満足していないと伝えられないという場合でも、もし彼女が彼の気持ちを知ったなら、どうやれば彼が満足できるか、彼女は彼と話し合えるかもしれないのです。
相手と一緒にいないとき何をしているか、お互いにどう接するべきだと考えているか、ふたりが出会う前の過去の関係をどう扱うべきか、そして意見が違いそうな話題はなんであれ、ふたりの関係を傷つけるかもしれないと考えて、私たちは口に出すことを避ける傾向があります。
これはとても近視眼的な姿勢です。デート期間中にこうした話題を避けていたら、私たちは決して問題を解決できないでしょう。結婚してからこうした話題の話し合いが避けられないことになったら、その影響は重大です。私たちが絆創膏を貼っておいた話題は化膿して「問題」となり、関係の崩壊や別離すら引き起こすかもしれません。
確立された関係を終わらせる代償は、デート期間中のそれよりもはるかに大きなものです。同じことが離婚や子供との別離を生んだり、収入や家を失ったり、そのほかの多くの精神的なショックを経験しかねない結婚後よりも、失うものがデート相手だけ、という期間にパートナーの意見に反対するのはずっと簡単です。問題や難しい議題はできるだけ早いうちに話し合っておくのが賢明です。
しかし、分かれてしまったらで、新たな出会いを探しましょう。
☆カップルはデート期間中にできるだけ衝突しておくべきです。
怒りや後悔抜きに議論する方法を身に付けることは、ふたりの関係を向上させてくれるし、そうして一緒に過ごした時間は決して無駄にはなりません。ただ、問題があまりにも深刻な場合、別れが生じることもあります。

Posted in 結婚 | コメントは受け付けていません。

結婚前に長い間デートを重ねれば重ねるほど

059g_72

059g_72

結婚前に長い間デートを重ねれば重ねるほど、ふたりが幸せで安定した生活を一緒に送るチャンスも増えるようです。パートナー同士がより多くの時間を過ごせば、必然的にコミュニケーション能力も向上させなければならないからです。
相手に自分の否定的な感情を伝えるときにも、このコミュニケーション能力を使うことができます。結婚前のカップルを調査した結果、デート期間中にカップルがどれくらい衝突を経験したか、そしてふたりが否定的な感情をどのようにあらわしたかが、その後の関係にあるパターンを作り出していることがわかっています。
デートをしている間に、どんな関係にもある程度の衝突はつきものだということを知り、対立する考え方と否定的な感情を伝え合う手段を学ぶのです。これは問題解決能力を磨き、ふたりの関係を傷つけなくても反対し合うことができるのだと学ぶ、とてもいい機会です。
ふたりの関係について学べたら、で、相手を探してください。
デート期間中は、互いがどのくらい相手に対してオープンになれるかを知るのにふさわしい時期なのでしょうか?多くの人はパートナーに対して完全にオープンですが、ある程度の隠し事をしている人も少なからずいます。タブーな話題は、普通ふたりの関係を傷つけるか、良くない方向に進ませてしまうと考えられるものです。

ふたりの関係の現状を自分がどう感じているかは、私たちが特に避けがちな話題ですが、こうした情報は関係を助ける力になることもあるのです。

Posted in 結婚 | コメントは受け付けていません。